本と紅茶を一杯

朝活しながら、本と紅茶の楽しさを伝えるブログ

今月の彩ふ読書会

おはようございます、菜子です。

新しい名刺も完成し、これから会った人にいろいろ配っていこうと思ってます。

星空のキレイな素敵名刺を作っていただいたのです。

もちろん読書会スピカに参加した方にもお渡しするのでお楽しみに(^^)

 

さて、昨日は彩ふ読書会に参加してきました。

参加は午前の推し本紹介のみでしたが、久しぶりの温かな空気感にやっぱりいいなと思ったのでした。

サポーター業務も楽しい。

 

私のテーブルは6名。

テーブル司会を任され、久しぶりの緊張。

よく緊張しているように見えない、と言われますが、頭の中はフル回転。

内心は焦りながらいつも進行しています。

でも今回のテーブルも皆さん優しい方だったので柔らかな感じで進んでいきました。


f:id:nakonako75:20190623181443j:image

 

画集ありエッセイあり、小説などいろいろと多岐に渡る紹介で、推し本は個性が出るなぁと思い面白かったです。

ちなみに最後に各テーブルで1番読みたくなった本を決めるのですが、私はこちらの本を読みたくなりました。

 

無垢の博物館 上

無垢の博物館 上

 

 

とある男性の方が紹介したこの本。

外国ものはあまり読まない私ですが、説明も面白く、凄く気になってしまいました。

上下巻あり、読み応えもありそうです。

 

彩ふ読書会は午前は推し本紹介ですが、午後は課題本形式。

今日は「蝿の王」だったらしいです。

ちょっと私には難しいかなとパスしてしまったのですが、来月は私が推した「博士の愛した数式」が課題図書なので、読み返して行こうと思ってます。

なので、来月は午後から参加の予定です。

 

正直な話、サポーターという立場から彩ふ読書会の参加に関しては凄く悩んでいたこともあります。

でも昨日参加してみて考えが少し変わってきたかなという感じがします。

 

何を残して、何をやっていくか。

やりたいことはたくさんありますが、その中でも自分にとって最善の方向へ進めたらいいなと思います。

 

よく考え込んでしまうのですが、もっとシンプルに、自分に正直に進んでいければいいのかなと。

そんなことまで考えた今回の彩ふ読書会でした。

一歩一歩、自分のペースで少しずつ前へ進んでいきたいです。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

さんねん

こんばんは、菜子です。

今日は久しぶりに整体に行ってきました。

つい身体に力を入れてしまうクセがあり、肩とか首とかが固くなってしまいます。

もう少し力を抜けるようにしたいです。

 

タイトルにありますが、このブログを開設してから3年が経ちました。


f:id:nakonako75:20190619183722j:image

 

気がつけば3年、早いものです。

たまにブログ更新出来なかったりちょこちょこ休んだりしているこのブログですが、それでも読んでくださる方がいるってありがたいことだなぁと思います。

読んで下さりありがとうございます。

 

ささやかなお祝いとして澪を買ってきました。

かわいいビンで気に入ってます。

今日は旦那さんが遅いので、あとで1人祝う予定です(笑)

 

本当はここで新企画の募集をしようと思っていたのですが、先行でTwitter募集したところ1日で埋まってしまいました。

「満席だけど参加したかった!」と意見もいただき、また何か企画出来ればなと思っています。

ブックトークをしながらお茶会をするというコンセプトの新企画だったので、そういうのは需要があるのかな?と勉強になりました。

今回はコラボ企画でもあったので、やっぱりコラボは勢いが出るなぁとも思いました。

 

こちらのブログでまたレポートなどは書こうと思っています。

雰囲気などが伝わるといいな。

 

ちなみに次回の読書会は10月下旬を予定しています。

12月にはまた本の交換会も行う予定をしています。

気になる方はTwitterやブログをチェックしていただけると嬉しいです。

 

そして現在、新しく名刺を作っています。

いま作っていただいているのですが、凄くかわいい出来上がりになると思いますので、読書会などで配るのが楽しみです。

やっぱり名刺がないといろいろと不便ですからね。

 

焦ることもありますが、少しずつ着実に経験を積み重ねていきたいです。

これからも楽しんでいきます!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

おすすめ紅茶本

こんにちは、菜子です。

今週は胃腸炎になったり気分が落ち込み気味だったり、いろいろ不安定な週でした。

来週はもっと元気に過ごせるといいなぁ。

 

さて、先日こちらの本を購入しました。


f:id:nakonako75:20190609094112j:image

 

斉藤由美さんの「しあわせ紅茶時間」

もう私としてはタイトルがいい(笑)

この本はブックオフで購入したのですが、見た瞬間「これ買う!」ってなりました。

 

内容としては紅茶の大事典よりゆるめ。

 

紅茶の大事典

紅茶の大事典

 

 

上の紅茶の大事典は紅茶検定の公式テキストということもあり、少し固い内容ですが、しあわせ紅茶時間は読みやすさ重視ですね。

おいしく紅茶をいれる手順はもちろんのこと、紅茶の歴史や様々な紅茶レシピが載っています。

 

季節は外れちゃいますが、さくらロイヤルミルクティーとか作ってみたいなぁ。

リンゴの紅茶煮とかも良いですね(^^)

いつか読書会スピカで出せたら、と思いますが、なかなか難しいですね(´・ω・`)

 

茶器とかも素敵な写真が多いので見ているだけで至福。

紅茶はやっぱりいいなぁと思うのです。

 

しあわせ紅茶時間

しあわせ紅茶時間

 

 

茶の本といえばこちらも楽しい。

 

紅茶の時間 The Teatime Book
 

 

カレルチャペックの山田詩子さんの書籍。

たまに店舗でも売ってますね。

カレルチャペックのイラスト、かわいいです。

 

そういえば、これらの本を元にTwitterにて紅茶の豆知識を更新しています(不定期)

 

 

最近始めたのですが、私の勉強のために書いているところもあります。

アウトプットはやはり大切ですよね。

これからも少しずつ紅茶についての発信を行っていこうと思います。

 

来週あたりには、次の読書会スピカのご案内が出来るよう準備中です!

時間がもう少し欲しい今日この頃です。

また準備が出来たらご案内しますね。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

久しぶりのルピシア購入

こんばんは、菜子です。

気がつけば6月ですね。

梅雨入りも間もなくでしょうか。

今からこんな気温だと夏がこわいですね(´・ω・`)

 

先日、久しぶりにルピシアに行きました。

買ったのはこちら。


f:id:nakonako75:20190601164508j:image

 

白桃煎茶と桑の葉茶です。

どちらもルピシア便りで気になって狙っていました。

 

白桃煎茶は水出しで。

500mlの水にこちらのティーバッグを入れると2〜3時間で水出しのお茶が完成という手軽さ。

さっそくいれて飲んでみると凄くスッキリ!

爽やかな味です。

 

白桃の紅茶はちょっと苦手ですが、煎茶なら美味しい。

香りもほんのりして優雅な気分になります。

 

一方、桑の葉茶。

こちらはホットで作りました。

500mlのポットに3分いれたので、味が濃いかな〜と思っていたらちょうど良かったです。クセが若干ありますが、私は好きですね(^^)

 

桑の葉茶の説明書きには「野菜不足のあなたに」とあったのでつい手にとってしまったのでした(万年、野菜不足)

食事のときなどにお供に出来たらいいですね。

 

お値段は白桃煎茶1,650円。

ちょっと高いですが、水出し用のティーバッが20個入っています。

桑の葉茶はティーバッグ10個入りで560円。

大きいのもありますがまずはお試しで10個買ってみました。

 

 

ルピシアがやっぱり好きだな〜と思った今回の購入。

これからも紅茶やお茶を楽しみたいです(^^)

 

【告知】

 

読書会スピカ、新企画を7/20(土)13時から開催予定!

場所はいつもの永田町です。

6月中旬から募集開始しますので気になる方はTwitterやブログをチェックしてくださいね。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

第3回読書会スピカ開催レポート!

おはようございます、菜子です。

昨日とは違い、今日は気持ち良く晴れましたね。

洗濯物日和です。

 

さて、先週土曜日は読書会スピカでした!

課題図書は宮下奈都さんの「羊と鋼の森

お菓子と紅茶を味わいながら、いつもながらのんびりの会になりました。

参加してくださったのは、うららさん、ゆかちょさん、mugiさん、MIKUさんの4名。


f:id:nakonako75:20190522073348j:image

 

今回から小さなタテ看板も仲間入りしましたよ〜。

チョークで書くのが久しぶりすぎて泣けた…(笑)

 

まずは課題図書の感想シェア。

こんな意見が出ました。

 

・主人公(外村)がまるで木のような雰囲気

・画家の水彩画個展を見ているような作品

・ジャケットが良い(実は単行本はカバー裏にもイラストが…)

 

・作中の曲名が出てこない作品(でも映画化したのでそのCDがある)

恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」と比較される

・好き嫌いが分かれる作品

 

・静かな作品で、ずっと手元に置いておきたい

・和音は外村と由仁、どちらの調律を選ぶのか?

・タイトルが秀逸

 

自分が感じなかったことも気がつけるから、こういうシェアは楽しいです。

特にどちらの調律を選ぶのか、は面白い話でしたね。

あとやっぱり目を引くジャケットって大事!

しっかしこうやって振り返ると、もっとまとめる能力が欲しいなと思います…!

 

後半はオススメ本の紹介でした。

全員分はちょっと紹介出来ないのでこの中から一部をご紹介。


f:id:nakonako75:20190522075341j:image

 

ジャケットの話で関連して気になったのはmugiさんのこちらの作品。

 

エンド オブ スカイ

エンド オブ スカイ

 

 

SFものがお好きらしく、そういった作品をよく読むとお話されてました。

私は全く読まないので気になってしまいました!

お話に出てきた「七人のイブ」も気になりましたね。

 

それから気になったのはMIKUさんがご紹介されていたこちら。

 

箪笥のなか (講談社文庫)

箪笥のなか (講談社文庫)

 

 

言葉のチョイスが美しいだけじゃない、というところに惹かれました。

お話を聞いて、ちょっとホラーのように聞こえたのは私だけでしょうか?

 

他にも魅力的な本がたくさん!

皆さん、ご紹介ありがとうございました!

 

今回も無事に終わった読書会スピカ。

私自身、楽しい時間を過ごせました。

参加者の方々、楽しい時間の共有をありがとうございました!

また会えると嬉しく思います。

 

次回は7/20(土)に開催予定です。

時間は検討中ですが、少し全体を早めるかもしれません。

気になる方はTwitterをご覧くださいね。

また、6月中旬頃にはこちらでもお知らせします。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!