本と紅茶を一杯

朝活しながら、本と紅茶の楽しさを伝えるブログ

和紅茶を味わう

こんばんは、菜子です。

12月もそこまで迫っているということで、なかなか忙しい流れになってきました。

1つ1つ着実に物事をすすめていきたいです。

 

今日は和紅茶の話をしようと思います。

そもそも和紅茶とは何かというと、国産の紅茶のことです。

日本内で作っている紅茶ですね。

 

今まで紅茶というと海外で作っているものがほとんどでした。

インドや中国などが有名です。

それが最近は国内でも作られるようになりました。

 

和紅茶は海外のものと比べると渋みが少ないのが特徴。

紅茶独特の渋みがそんなに強くないんですよね。

まろやかな紅茶が多いです。

 

先日、和紅茶専門店を見つけました。

「きごころ」というお店です。

こちらは静岡や福岡などで生産されている様々な和紅茶を用意しているお店です。

 

私が飲んで美味しかったと思ったのはこちら。

 

 

とても飲みやすく、初めて和紅茶を飲む方にオススメです。

ティーバッグタイプなのも飲みやすくていいですね。

 

ちなみにこちらも好きです。

 

きごころ 和紅茶 柑(かん) リーフ 40g
 

 

みかんが入っている和紅茶です。

ストレートで飲むとみかんの香りがほんのりします。

みかん好きな私としては好きな組み合わせですね。

 

まだまだ一般的ではない和紅茶。

しかし飲んでみると、その飲みやすさがクセになるなぁと思います。

またきごころさんで和紅茶を買おうかなと思っている今日この頃です。

興味がある方はぜひ飲んでみてください(^^)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!

エッセイって面白いかも?

こんばんは、菜子です。

突然ですが、私は本屋を回るのが好きです。

何を買うでもなく、フラフラ見るだけのときもあります。

それだけでも癒やされるのでやっぱり本が好きだなぁと思います。

 

そんな中、タイトルに惹かれてこちらを読みました。

 

図書室で暮らしたい

図書室で暮らしたい

 

 

前回の読書会「スピカ」でも紹介した本です。

辻村深月さんのエッセイ。

イラストやタイトル、目を引くものがあります。

 

内容は辻村さんが日々思ったことやお気に入りの本の話、そして自分の解説の話など、なんとなく宮下奈都さんのエッセイと似たような雰囲気。

 

 

辻村深月さんも宮下奈都さんも子持ちの主婦という一面もあり、似たような感じ。

ただ当たり前ですがやっぱり違います。

お二人それぞれの感じ方があり、それを読み比べても面白いなと思いました。

 

辻村深月さんの作中エピソードで印象に残っているものがあります。

それは小野不由美さんの「屍鬼」をリュックに入れていたら、リュックが壊れてしまったというもの。

屍鬼」って文庫はともかく、単行本だと大きな上下巻でとても重いんです。

わかるわかる、と思うと同時に、その後に小野さんに「リュックが壊れました」と報告の手紙を書く辻村さんの行動がなんだか面白かったです。

 

辻村さんの作品は好きなのですが、なかなか読み切ることも少なく、まだ読書経験が浅い私です。

しかしこのエッセイを読んで、もっと他の辻村作品も読んでみたいと感じました。

いま気になっているのは「かがみの孤城」です。

ずっと読みたいと思いつつ、まだ手が出せず…。

そういう意味では恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」もずっと気になってます。

 

エッセイってあまり読まなかったのですが、最近は面白いかもと感じています。

桜庭一樹さんのエッセイも読みたいですね。

あとは村上春樹さんとかも気になります。

 

ここでお知らせ。

TABICAを使った新企画を12月に行おうと考えています。

まだ立案の段階ですが、上手く形に出来ればいいなと思っています。

年内にはやりたいと思っている企画です。

もう少し練って形になったら、このブログや私のツイッターでお知らせしますね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!

第2回読書会「スピカ」開催レポート!

こんばんは、菜子です。

昨日はちょっとバタバタしてしまい、いつもの更新が出来ませんでした…。

気を取り直して今日の更新です。

 

先日11/4(日)都内にて第2回読書会「スピカ」を行いました。

少人数開催なので参加人数は私を入れて5名。

女性限定の読書会で、カフェでスイーツを頂きながらのお話しました。

 

課題図書はこちら。

 

天国はまだ遠く (新潮文庫)

天国はまだ遠く (新潮文庫)

 

 

瀬尾まいこさんの「天国はまだ遠く」

読みやすさと季節感で選びました。

 

私の簡単な感想はツイッターに書きました。

 

今回も色んな感想が聞けて面白かったです。

「この主人公とは友達になれないと思った」という方や「ファンタジーのように感じた」という方。

この「天国はまだ遠く」をこの読書会をキッカケに初めて読んだという方もいらっしゃいました。

 

内容に関しては「主人公、千鶴の切り替えが早すぎる」「田村さんの昔が気になる」という意見があり、それにはなんとなく私も納得しながら聞いてました。

その中で「いざというとき逃げ場所があるのはいいなぁ」という話になり、その意見を聞いたとき、私は今の社会で逃げ場所がないのはとても辛いことではないか、感じました。

切羽詰まったときに行ける逃げ場所って大切ですよね。

「田村さんにもらったマッチ箱は家に飾るのかな?」という意見が出たときは、なるほどそういうこともあるなと感心しました。

 

最後に皆さんの時間を忘れて読んだ本を紹介して頂きました(光の加減で若干見辛くてすみません…)

f:id:nakonako75:20181106192157j:image

せっかくなので本と作者、紹介した方の名前を時計回りに載せておきますね。

 

「図書室で暮らしたい」辻村深月(菜子)

「八日目の蝉」角田光代(ya_masanさん)

「あんじゅう」宮部みゆき(ヨリさん)

「レンゲ荘」群ようこ(ゆきのさん)

「ブラザー・サン シスター・ムーン」恩田陸(Akikoさん)

 

「全員、女性作家!」の声を聞いたときはなんだかニヤッとしてしまいました。

別に狙ったわけではないのですが(笑)

 

どの作品の紹介も気になり、また新たに読んでみたい本が増えました。

唯一知っている作品の「八日目の蝉」は映画で観たことがあるのですが、まさかドラマもやっていたとは…!

まだまだ知らないことばかりです。

 

そんな感じで第2回読書会「スピカ」は終了しました。

次回は年が明けて2月か3月頃に開催するのを目標にしています。

課題図書や場所についてはまだ考え中です。

次回は本の交換会もやってみたいなと考えています。

決定しましたらブログやツイッターでお知らせしますので気になる方はチェックしてくださいね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!

年末までにやりたい5つのこと

こんばんは、菜子です。

今日は夕日がとても綺麗でした。

写真に撮るよりじっと心に焼き付ける最近です。

 

今朝、ツイッターにも書きましたが、もうすぐ11月ですね。

自分は積み上げ型なんだなと思っています。

コツコツ積み上げて目標を達成。

それがやりやすいなと感じます。

 

少しずつ積み上げる、ということで、もうすぐ年末ということもあり、年末までにやりたい5つのことを考えました。

記録のためにブログに書いておきます。

考えてから少し経っているので、すでに動き出しているものもあります。

 

1.映画館で映画を3本観る(1ヶ月に1本ペース)(現在1本鑑賞済。10月は「日日是好日」を観ました)

2.紅茶専門店でカフェタイムを過ごす(11月予定)

3.アロマヨガに参加する(12月予定)

4.小説を3冊読む(現在1冊読了済。一昨日、「オリエント急行殺人事件」を読み終えました)

5.本棚の整理をする(今月末行う予定)

 

小説に関しては読み途中のものもいろいろとあるので、まずはそれを読み終えたいです。

と、同時に本棚の整理整頓をして、また新たに情報を仕入れたいと思っています。

 

話は逸れますが、今日羽海野チカさんの可愛らしいイラストが描いてある、素敵な読書ノートを発見してしまいました。

 

 

とても可愛くてつい衝動買い。

こちらはカラフルですが、ブルーバージョンもあるようです。

 

読書ノート blue (集英社みらい文庫)

読書ノート blue (集英社みらい文庫)

 

 

100冊まで記録出来るので、このノートに書いていったら素敵だなぁと思ったり。

500円前後で買えるのも魅力です。

 

そうそう、紅茶専門店についてですが、こちらは大手ではなく、小さな個人店に行きたいですね。

先日、地方の紅茶専門店に行ったところ、とても楽しかったのでまたそういうところに出会えればなぁと思います(ちなみにその紅茶専門店は昼はカフェ、夜はバーという不思議なお店でした)

 

映画、ヨガに関しては好きなことなのでやりたいことに入れました。

邦画が好きでよく観ています。

いま気になってる映画は「ビブリア古書堂の事件手帖」と「旅猫リポート

余談ですが黒木華ちゃんが好きです。

 

2ヶ月後の今頃はとても忙しい時期ですね。

今年はゆっくりすると決めたので仕事はまだしませんが、年が明けたら仕事も探していこうと考えています。

 

そうこうしているうちに今週末11/4(日)は第2回読書会「スピカ」

どんな方々に出会えるのか、またどんな感想や意見に出会えるのか楽しみです。

美味しい紅茶のお土産も用意したので、参加者の方々は楽しみにしていてくださいね(*^^*)

 

来週は読書会のレポートが書けるといいなと思っています。

コツコツと目標を達成しつつ、少しずつ前に進んでいきたいです。

また年末に今日の記事の振り返りをしたいですね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!

カレルチャペックの紅茶詰め放題!

おはようございます、菜子です。

だいぶ涼しくなってきて、紅茶が美味しい季節になってきました。

ほっこりミルクティーなんていいですね(^^)

 

というわけで今回、北千住で行われていたカレルチャペックの紅茶ティーバッグ詰め放題に参加してきました!

この詰め放題は1回1,080円で参加出来ます。

好きなだけ詰めて、袋が閉まればオッケー!

店員さんに話を聞くと、紅茶の種類は日によって違うようです。

 

結論から言うと、私はこれだけ詰められました。

f:id:nakonako75:20181019172847j:image

全部で19個です。

通常、カレルチャペックでは、ティーバッグ10個で1,100円なので倍ぐらいは詰められたことになります。

 

ちょっと分かりづらいですが、ちなみに詰めた感じはこんな風。

f:id:nakonako75:20181020071144j:image

結構いっぱい詰めています。

…が、もう少し詰められたかな?と思ったり。

いく人は30枚ほど詰めるそうです(すごい…!)

 

私の内訳としては、

ホリーミルクティー×5

メリーホリディティー×5

ブリティッシュモーニング×5

ジューシーパイナップル×2

ハロウィンティー×2

です(順不同)

 

メリーホリディティーは飲んだことがないものですが、大人のストロベリーティーということで期待が膨らみます。

ハロウィンティーは今年限定のものです。

去年もとても美味しかったので今年も期待。

ただブドウフレーバーということなのでどうなのか…と思ってます。

 

カレルチャペックでは不定期でこのような紅茶のティーバッグ詰め放題イベントを行っているようです。

店舗数は少ない紅茶店ですが、見かけたらやってみてもいいかもしれませんね。

 

北千住店は今日まで開催しているようです。

有楽町イトシア店では明後日21日(日)まで。

ルミネ立川店でも10/26(金)〜10/28(日)に開催予定のようです。

お出掛けついでにいかがですか?

 

私はこれからさっそく紅茶をいれて楽しもうと思います(^^)

 

最後にお知らせです。

次回の22日(月)の更新は都合によりお休みさせて頂きます。

またすぐ帰ってきますのでよろしくお願いします。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!