本と紅茶を一杯

朝活しながら、本と紅茶の楽しさを伝えるブログ

光差す「西の魔女が死んだ」

おはようございます、菜子です。

3連休はのんびり過ごしていましたが、もう最終日ですね。

最近は朝活もちょっと気まぐれに行っています。

 

7月29日(日)に女性限定の読書会「スピカ」を行います。

その際、課題図書を決めました。

それは梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ

大好きな作品、そして読みやすさから、こちらを選びました。

 

気づけば2年前の夏もこの作品を読んでましたね。

夏にはぴったりな作品だと思います。

 

司会にいっぱいいっぱいにならなければ、詳しい感想を読書会のときに話すと思うのですが、簡単にちょっとお話ししますね。

 

私はやはりラストが好きです。

スーッと心に落ちる言葉、そして光が差すようなラストが爽やかな涙を誘います。

朝活で読みながら泣いてしまいました。

 

主人公の「まい」は心にモヤモヤを抱えたままおばあちゃんと別れます。

次会ったら謝ろうかな、と思っていたかもしれません。

しかし、人は誰でも、必ず次に会える保証はありません。

病気や事故、ケンカだってありますね。

会った人に「またね」と言って別れることがあるかと思いますが、次があるとは限らないのです。

 

そう考えると「今」ってとても大切なんだなぁと。

私もありますが、先を見て不安になることがありますよね。

でも今にフォーカスすると意外と解決策が浮かんだりします。

一瞬一瞬を大切に、丁寧に暮らしたいものです。

 

前回の感想のときも書きましたが、文庫版だと後日談の「渡りの一日」が入っています。

こちらもとても面白く、まいが1人で決めているのを見て、安心感さえ覚えました。

おばあちゃんの言葉は届いていたんだなと思い嬉しくなります。

 

私にはまだ子どもはいませんが、子どもってふとしたときにググッと成長していくのかなと思います。

次の読書会ではお子さんがいる方も参加されるので、その辺りも聞いてみたいですね。

 

大きな自然、そしてそこでゆっくり暮らしていたおばあちゃん。

現代はなんだか忙しない気がしますね。

 

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

 

 



本日もお読み頂き、ありがとうございました(^^)

〜新しい時間の中にいる〜

おはようございます、菜子です。

暑い日々が続いています。

体調など崩されていないでしょうか?

 

お世話になっているみのりさんがこんな素敵な企画を行なっています。

 

私も早速頼んでオラクルカード、引いてもらいました。

みのりさんが引いてくださった私のカードはこちら。

f:id:nakonako75:20180713075811j:image

以下メッセージ抜粋。

【傷ついたヒーラー】

 

癒やしのエネルギー、活力、生命力が流れてきて、あなたの中を駆け巡っています。

自分の欠点と思っているところが、あなたの長所となるでしょう。

過去に何が起こったとしても、未来も同じようになる必要はありません。
それが真実です。
ひび割れがあるからこそ、光が魂へと差し込むのです。

あなたの強さは、これまで乗り越えてきた困難の中に存在します。

 

「ひび割れがあるからこそ、光が魂へと差し込むのです」というのが1番響いた言葉。

ひび割れ(完璧でないこと)っていけないことかな、ダメかなと思ってました。

でも違うんだなって。

ダメなところがあるからこそ、輝くこともある=「自分の欠点と思っているところが、あなたの長所となるでしょう」

ということに繋がっているのではないでしょうか。

 

先日知り合いのインスタに「雲間から光が入っていて綺麗だった」というものがありましたが、それを思い出しました。

カードも、空と光がとても綺麗ですよね(^^)

 

今日は新月ということもあり、いろいろ振り返りましたが、いま私は色んなことを新しく始めています。

読書会を皮切りに、手帳について仲間と話す会を始めたり、朝活サロンで紅茶の会を開催予定していたり。

仕事はまだしていませんが、仕事に就くための準備も少しずつしています。

 

「新しい時間の中にいるなぁ」

最近は特にそう感じます。

 

自分の直感を楽しむオラクルカード。

私もみのりさんの真似をして朝活に取り入れていますがとても楽しいです(^^)

何度もこのブログでは紹介していますが、私の愛用カードはこちら。

 

 

旦那には「ダヤンがあるからいらないでしょ」と言われましたが、人魚好きとしてはこちらも気になってます。

絵柄が素敵です(^^)

 

マーメイド&ドルフィンオラクルカード(日本語版説明書付)新装版 (オラクルカードシリーズ)

マーメイド&ドルフィンオラクルカード(日本語版説明書付)新装版 (オラクルカードシリーズ)

  • 作者: ドリーン・バーチュー,山下花奈
  • 出版社/メーカー: 株式会社 JMA・アソシエイツ(ライトワークス)
  • 発売日: 2013/09/09
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

改めてオラクルカードの奥深さを楽しんだ企画でした。

自分の考えや意識を見直すキッカケにもなったり。

直感を大切にしていきたいなぁと思います。

私にやってきた新しい時間も楽しんでいきますよ!

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!

そもそも読書会って何だろう?

こんばんは、菜子です。

最近周りが急にググッと動いてきて、びっくりすることの多いこの頃。

急速な変化に私はついていけるのでしょうか…?!

 

さてさて、今日は「読書会、読書会って言ってるけど、そもそもどういう会でどんな感じなの?」というのをまとめておこうと思います。

これを書くことによって自分の考えを明確にしておきたいなという思いもあります。

少しお付き合いください(^^)

 

読書会とは、簡単に言うと本を読んでみんなでその本について意見を出し合う、という会です。

ビジネス本が多いですが、他にも小説や漫画(!)で読書会をするところもあるようです。

 

司会の方がまとめつつ、意見も言うのでそんなに固くならなくても大丈夫。

ほとんどの司会の方はとても優しく話してくれます。

 

もちろん意見も難しく考えることはなくて、「この場面を読んでこう思った」「このキャラクターが好きだった」など最初はそんな感じでいいと思います。

わからない場面があったら「ここはどういう意味なんでしょうね?」なんて問いかけしてもいいですね。

 

私はこのときに出る意見というのがとても大切だと思っていて、閃きや呟きがあとで大きな気づきになったりすると思うんです。

例えば読書会には自分のオススメ本を紹介する、というものもあります。

自分が読んで楽しかった本や印象に残った本を他人に紹介するのですが、それはだいぶ自分の個性や考えが出ると思います。

 

そこで自分の考えに気づいたり、他の人の考えにうなづいたり、色んなことがあります。

それが新しい自分の道を作るのではないか、そう考えます。

 

それが他人と違っても大丈夫です。

むしろそれが面白い…というか。

そういう意味では「読書会とは自分の意見を言う場」とも言えるかもしれません。

 

私の場合は女性限定の読書会をしていますが、それは男性に意見が押されがちになってしまう人もいるから。

女性ならではの繊細な意見ってあると思うんですよね。

人数を少なくしたのも意見を言いやすくする為。

人数が多いと発言をしない人が出てきてしまうかな、緊張もしてしまうかな、と思いまして。

 

こう言ったケーキなどを食べながら、ゆっくりお話し出来ればなと。

f:id:nakonako75:20180709195203j:image

そして充実した時間が過ごせればいいな、なんて思っています。

 

まだまだ私は読書会の開催に向けて動き出したばかり。

今月末には本格的に動き出します。

早くも第2回目の開催も考えていたり。

 

予定としては10月の土日あたりに考えています。

またツイッターやブログで募集しますので、もし興味がありましたらぜひご参加ください。

紅茶のミニ講座も開くつもりです。

 

これから私も動き出していきますよ。

…とその前に目の前の読書会も楽しみます!

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!

のんびり楽しむ私の朝活報告

こんにちは、菜子です。

連日暑くて夜眠るのが一苦労です。

8月などはどうなってしまうのか…心配です。

 

そんな今日はもう7月。

みのりさんの早起きキャンプ1stを卒業してからもう2ヶ月が経ちました。

今はゆるゆると自分のペースで朝活を楽しんでいるのですが、せっかくの機会なので、ちょっと振り返ってみようと思います。

f:id:nakonako75:20180702161225j:image

 

最近の起床時間…

6時30分前後。

用事がなければ大体8時まで朝活。

ときには旦那と話すときも。

 

最近の就寝時間…

23時前後。

朝早いからか夜はこのぐらいの時間に眠くなります。

たまに夜更かしするときもあり。

 

主に朝活で行なっていること…

・日記

・直感ワーク

・手帳タイム

・読書

 

日記は前日の分を書いてます。

朝に書くとネガティブにならずに書けるそうです。

参照の本はこちら。

 

「朝」日記の奇跡

「朝」日記の奇跡

 

 

直感ワークとは1日のミニ占いとして、オラクルカードを引くことです。

愛用のカードはこちら。

イラストがとても可愛くて朝からテンション上がります。

 

 

手帳についてですが、大好きが故に最近迷走中です。

バレットジャーナルを作りつつ、今までの使ってたムーンプランナーなども使いたいなぁと思い、それぞれの手帳の役割を考えているところです。

 

読書はそのとき気になる本(主に小説)を読んでます。

最低10分で、長ければ30分ほど。

仮に朝活が週に4回でも、40分は読める計算なので、思いのほか進みます。

 

基本はこんな感じの朝活です。

本当はここにブログ執筆なども入れたいのですが…なかなか。

 

最近はツイッターにて「早起きチャレンジ」のタグをつけて朝活を楽しんでます。

 

暑いからこそ、朝のちょっぴり涼しい時間を自分のために使ってみましょう(^^)

そんな朝活を楽しむ私の近況報告でした。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!

刺激的な彩ふ読書会!

こんばんは、菜子です。

太陽が凄く照りつける1日でしたね。

気がつけば6月も最終週です。

 

6月17日(日)に「彩ふ読書会」に参加してきました。

彩ふ読書会は大阪や東京で行われている読書会。

夫婦でやっているそうです、素敵!

 

先日「星の王子さま」の記事を書いたわけですが、これは今回の読書会の課題図書でした。

私の感想などはこちら。

 

こちらの読書会は男女混合。

男性と女性は半々ぐらいで十数人参加していました。

男性がいる読書会も、人数が多い読書会も初めてで、めちゃくちゃ緊張しました〜。

 

女性の中には「読書会が初めて」という方もいらっしゃいました。

初めてだとさらに緊張してしまいますよね…!

 

軽く自己紹介後に、それぞれ感想などを語り、そこからはフリートーク

キツネの話が印象的という方が多かったように思います。

私は星にいる人々について話しました。

 

途中、主催者の方の話の運び方はさすがだなぁと感心してしまいました。

経験を積むって大事だなと思います。

 

バラや井戸についてなど様々な考察があり、考えさせられること多々。

正直、私はそこまで深く考えずに読んでいたので、様々な考察には驚いたり。

発言もあまり出来ずに終わってしまいました…。

 

そんなこんなで楽しむより緊張してしまった彩ふ読書会ですが、今月からお手伝いさん(サポーター)を募集されているとのことで、悩んだ結果、次からサポーターとして参加することにしました。

自分の読書会をするにあたり経験も必要ですし、何より読書会を作り上げるお手伝いがしたいです。

 

次回は7月29日(日)開催とのことですが、私自身の読書会「スピカ」と被ってしまったので、次回は残念ながら不参加です。

本格的にお手伝いするのは8月からになるかな?と思います。

ちなみに7月の読書会の課題図書は、ミヒャル・エンデの「モモ」らしいです。

よ、読みたい…!

 

 

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

 

 

早くもあと1週間半で31歳。

これからまた色んなことにチャレンジしていこうと思ってます。

まだまだ人生やりたいことだらけです(笑)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました(^^)