本と紅茶を一杯

読書記録と紅茶、ときどき雑記

その信念に騙される「スロウハイツの神様(下)」

昨日は休みだったので、ひたすら家にいてラジオを聴きながら惰眠を貪ってました。

たまにはこういう日もいいかなって。

今日からこのバイトに入って初めての3連勤です。

 

前回の記事で、辻村深月さんの「スロウハイツの神様(上)」の話をしました。

今日はその続き、下巻の話です。

軽くネタバレがあるので、読む前の方や楽しみにしてる方はお気をつけて。

f:id:nakonako75:20170728060032j:image

 

結論から言うと、「やられた…!!」という感想が1番。

それぞれの持つ信念に完全に騙されました。

いろんなことが繋がるとき、「あれもこれも伏線だったのか…!」と頭を抱えました。

 

何回かこの下巻では泣いてしまったのですが、特に泣いたのはスーがスロウハイツに帰ってくるところ。

その後の正義とスーのやりとり、

「今は仕事が楽しくってさ。より戻してやれなくてごめんな、スー」

「うるさいなぁ。そういうこと言われると気まずいでしょう?」

この場面。

ここで私の涙腺が1番崩壊しました。

 

私は途中からスーが嫌いでした。

男に振り回されて従って、でも気持ちもわかってしまう私もいて。

スーはこのままダメになるんだと、なんだかそう思ってしまってたのです。

 

でもそうじゃなかった。

自分の力で立ち上がり、スロウハイツに帰ってくる。

そして色んな決意や絆を感じたこの2人のやりとりに、なんだか泣けてきてしまったのです。

 

下巻では上巻に出てきた「コーキの天使ちゃん」「鼓動チカラ」「幹永舞」の正体が全てわかります。

そしてそれぞれが誰を思い、誰を裏切っているのかというのも。

私は家で読みながら思わず「マジか〜」と言葉に出してしまいました(笑)

 

正義が作中で言っていましたが、「あらゆる物語のテーマはやっぱり愛」

その言葉通り、キャラクターたちに強い愛を感じた1冊でした。

 

夢中になり、時間も忘れて読んだ作品は久しぶり。

全てがわかった上でもう1度読みたいですね。

新しい発見がまた見つかると思います。

まるで宝探しのように。

 

こちらも大好きな作品になりました。

今回は図書館で借りたので、いつか手元に置きたいです。

 

辻村作品はこちらもオススメです。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました。

譲れないものと信念「スロウハイツの神様(上)」

最近、近くのお花屋さんのおばちゃんとすっかり仲良くなり、カーネーションを3本も頂いてしまいました。

ピンクとグリーンがとても綺麗で、優しさに感謝ですね。

 

さて今日は辻村深月さんの「スロウハイツの神様(上)」のお話です。

f:id:nakonako75:20170723105739j:image

これは上下巻なので、一応感想を分けます。

上巻と下巻で違う感想を持つと思うのでそこもお楽しみください。

 

このお話はアパート「スロウハイツ」に住むクリエーターたちのお話です。

住んでいるのは人気作家のコーキ、脚本家の環、コーキを売り出した編集者の黒木。

それからまだ売れていない卵の状態である、漫画家の狩野、映画監督の正義、画家のスー(すみれ)

皆で仲良く暮らし、好きなことに向かって前を向いていました。

しかしスロウハイツに住んでいたうちのひとり、エンヤが環をライバル視するあまり出て行き、そこに新しい住人の莉々亜(りりあ)が入ってくると物語は急速に動き出します。

 

上巻のほとんどは説明というかキャラ紹介。

キャラクターがどんな人物で、どんな経緯でスロウハイツに入ったかを書いています。

それでも飽きが来ないのは流石ですよね〜。

テンポが良く読みやすいです。

 

卵の状態の人々は、皆売れない理由を抱えています。

ですがそれは自分にとって譲れないものや信念があるということ。

とても羨ましいことでもあります。

 

こちらの作品でも思いましたが、辻村作品はしっかりキャラクターが生きているなと感じます。

どういう性格でどういう考えをして。

そういうのが伝わるのは凄いと思います。

 

ちなみに私は「子どもたちは夜と遊ぶ」の月子というキャラクターが凄く好きなのですが、スロウハイツではまだそこまで凄く好きなキャラというものはいません。

でも下巻でその意見は変わるだろうなぁと思います。

 

上巻のラストに環はバイク便でとある物を受け取ります。

それは何だったのか、環はなぜショックを受けたのか。

謎を深め、下巻へと続きます。

上巻の始めと雰囲気がだんだんと変わり始めるのは見ていて気持ちがいいです。

下巻も早く読み終えたいですね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました。

ルピシアだより7月号「お茶を持って出かけよう!」

昨日は飲んだり食べたりで、結局寝たのは2時を回ってからでした。

いつもは23時ぐらいに寝てるようにしてるので最近では珍しいです。

ちなみにレモンサワーと梅酒ばかり飲んでました。

 

そんな今日はラッキーなことに仕事はお休みで、朝からのんびりとラジオを聴きながらこのブログを更新しています。

外からは蝉の鳴き声が強く主張してきます。

 

今日は海の日。

もう7月も半ばを過ぎましたが、ルピシアだより7月号のお話です。

f:id:nakonako75:20170717095832j:image

 

今月の特集は「お茶を持って出かけよう!」

表紙の写真のアイスティーがとても涼しげで美味しそうです。

お花も綺麗ですね。

 

始めに書いてあるのは「夏のレジャーにお茶を持っていこう!」という内容で、簡単なアイスティーの作り方やおすすめのお茶などが書いてあります。

実はここに書いてある茉莉花茶、黄金桂、知覧 あさつゆ、巨峰、セイロン・ヌワラエリヤはまだアイスティーでは飲んだことないもので、この夏に購入してみたい!と思いました。

特にセイロン・ヌワラエリヤが美味しそうかな。

 

次に開くと夏のシーン別のおすすめのお茶。

ウォーキングには塩ルイボス、ハイキングにはマッチャウェイ、キャンプにはチャイバッグなど思いもよらない提案。

なるほど〜と納得しながら読みました。

 

そして、次は夏の新作!

イギリスの夏を象徴する伝統的なカクテルをイメージした、ブリティッシュクーラー。

レモンやライムが爽やかに香る紅茶みたいです。

あ〜飲みたい!気になる!!

しかし数量・期間限定なので買えるかどうかは店舗によっても違うと思います。

ちなみにオンラインストアは50g袋入りは売ってましたが、限定ティーバッグボックスは完売御礼でした。

一応6〜8月まで販売予定らしいです。

店舗が近くにないので難しいですが、気になるので買えたら買ってみます!!

 

その他は白桃烏龍 極品や麦茶、台湾茶、「和」の紅茶について書いてあります。

そういえばルピシアはイタリアの麦茶であるオルヅォも売っています。

私はまだ買ったことないのですが、ルピシアでこういうものが売っているのってなかなか不思議ですよね。

ルピシアといえば紅茶のイメージが強いですが、意外とお茶に関するものがいろいろ売ってるんですよ(^^)

 

さて、この記事を書いて1週間もしないうちに、ルピシアだより8月号が届くと思われます(笑)

次の特集も楽しみですね。

 

暑い季節だからこそ、お茶を持って出かけたい!

そんなことを思った今月の特集でした。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました。

再びカレルチャペックを飲んでみた!<第1弾>

いや〜暑いですね。

北陸の朝晩は多少涼しいと感じるものの、昼間はもう熱帯です(>_<)

 

過ごしやすい時間に活動したくて、最近は早寝早起き。

早ければ5時30分、遅くても7時までにはなるべく起きるようにしています。

 

そして朝には温かい紅茶を。

この頃は前に関東へ帰ったときに買ったカレルチャペックを少しずつ飲んでいます。

せっかくなので感想を書いておきますね。

 

ちなみに初めてカレルチャペックを飲んだときの感想はこちら。

 

というわけで、有楽町にあるカレルチャペックの店舗に行き、今回買ったのはティーバッグ10種類。

ちょうど10個を買うと安くなるとのことで購入し、1つは友達にプレゼントしました。

なので感想を書くのは9種類の紅茶やお茶についてになります。

 

第1弾として感想を書くのがこちら。

f:id:nakonako75:20170714164328j:image

左から、ガールズティー、アールグレイクラシック、アッサムC.T.Cです。

やっぱりイラストが可愛いですね〜。

捨てるのがもったいないといつも思います。

 

まずガールズティーの感想から。

ガールズティーは何かというと、ストロベリーの香りがついた紅茶。

とても女の子らしいですね(^^)

 

カレルチャペック1番人気と書いてあって、それには頷けます。

なぜならストロベリーの香りが紅茶を引き立てていて美味しく、また飲みたいと思える味だからです。

 

ただあまり濃くいれないのがコツかなと。

渋みとストロベリーの香りがケンカしてしまうので。

 

次にアールグレイクラシック。

優しい渋みで私はとても好きな味。

ミルクティーにして、誕生日にチョコレートケーキと共に頂きました。

相性は抜群!

 

アールグレイは好き嫌いが分かれますが、私は嫌いではないです。

たまに濃くいれすぎちゃうと飲むの辛いですけどね…。

 

パッケージの裏に書いてあったのですが、炭酸出しというのもあるそうで、炭酸苦手ですがやってみたいかも、と思いました。

紅茶の炭酸出しってどんな感じなんでしょうね…?

 

最後にアッサムC.T.C。

これは長めに蒸らすのがいいかな?と思い、確か5分ほど蒸らしました。

味がしっかりしていて、これもミルクによく合います。

 

これを飲んだときちょうど昼寝をしてしまったのですが、このアッサムC.T.Cは味がしっかりしているので、冷めても味が落ちなかったです。

冷めると味が変わる紅茶もありますからね…。

ゆったり飲むのに良いと思います。

 

以上、今日は3つの紅茶のご紹介でした。

カレルチャペックは今の時期に福袋が出るのですが、ルピシアと違うのは紅茶がメインというよりも雑貨がメインということ。

可愛いイラストのトートバッグとか紅茶缶とかついているみたいです。

 

調べたところ今回の夏の福袋は最低でも5,400円。

ルピシアの福袋の竹と同じ値段ですね。

買おうか悩んだのですが、トートバッグの柄がちょっと好みと違うので、今回は見送ることにしました。

お正月に期待!

 

長くなってしまいました。

まだ書いてないものもあるので、また様子を見て、カレルチャペックの紅茶やお茶の感想の続きを書きますね。

 

読書は大好きな本を読み返しているところです。

これについては再読としてまた感想を書く予定です。

好きな本は何度読んでもいい!

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました。

歳が変わって思うこと「30代にしておきたい17のこと」

先週、7月5日に30歳になりました。

本当は誕生日にこの話をしたかったのですが、誕生日付近にストレスなどで体調を崩してしまい、更新が出来ませんでした。

やっといろいろ落ち着いたので今日書こうと思います。

 

30代になったということで、こちらの本を読みました。

f:id:nakonako75:20170711103056j:image

本田健さんの「30代にしておきたい17のこと」です。

こちらは様々なシリーズが出ています。

20代の本も面白そうだったなぁ。

 

さてさて、17のことの中から、いくつか抜粋してお話しますね。

なるほどな、と思ったのは「どんなときにうまくいき、どんなときに失敗したのか考える」こと。

これは自分がこれをやったら簡単にうまくいくというのを把握することです。

 

私の場合は朝ゆったり紅茶を飲み、1日やることをまとめたり、最近ハマっているモーニングページを書くと割とうまくいくような気がします。

とにかく朝をゆったり過ごせるかが鍵。

バタバタしてしまうと1日良くないような…。

あとは身体を動かすと良いことが起こります(というわけで最近ヨガを始めました)

 

そういうことを把握しておくと自分がどのようなパターンで成功・失敗するのかわかるといいます。

それがわからない場合は「他人の必勝パターン、失敗パターンを観察する」がいいみたいです。

両親、パートナー、友人などまわりの人たちが何をやって人生がうまくいっているのか、いないのか。

 

私の考えは、

必勝パターン→早起き、笑顔、先手必勝

失敗パターン→後手後手にまわる

です。

やっぱり先回りって大事だと思うんですよね。

私の場合、焦っちゃうときもありますが…(>_<)

笑顔は心に余裕を持つために大切だなと。

 

ところで、観察って大事なのではないか、としみじみ思っています。

他人を観察することはもちろん、自分自身をも観察することで見えてくるものがあるのではないでしょうか。

昨日初めて行ったヨガでも自分自身の心や身体を見つめる時間が何度もありましたし、観察すると気づかなかったことに気づくことが出来ます。

 

他にも「セルフイメージを作る」や「いくら稼いでいくら使うのか決める」など、行うことで自分を見つめることが出来ると思います。

様々な年代のシリーズがあるので、興味がある方は読んでみると楽しいと思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました。