本と紅茶を一杯

読書記録と紅茶、ときどき雑記

「てつのよろい」をなぜ買わないか「家計簿が続かない人の貯金革命」

図書館や本屋に寄るのが好きです。

もう、もはや習慣みたいなもので、特に目当てがなくても行ってしまいます。

そんな風に図書館を巡回して見つけたのが今回の野瀬大樹さん、野瀬裕子さんの「家計簿が続かない人の貯金革命」です。

 

この本には細かな節約(例えばこまめに電気を消す)などは書いてない。

公認会計士の夫婦が悩んで苦労して出した、家計簿をつけなくても貯金が出来る仕組みがわかりやすく書いてある。

また、「衣」「食」「住」を節約するための再チェックもあり。

 

会計士のお二人ということで、たま〜に会計の用語(大した用語ではないですが、純資産など)が出てきますが、それも簡単な言葉で書いてあるので勉強になります。

この本に出てくる「残高表」なんかは作ってみたいと思いましたね。

表にして見えるようにすることでモチベーションも上がります。

家計簿が続かないなら別の方法でやる、という考えもとても良いです。

 

こちらの野瀬さん夫婦には趣味が2つあり、マラソンともう1つはゲームだそうです。

コラムにドラクエの「てつのよろい」をなぜ買わないか、があるのですが、その理由に納得。

1つ町を進んだら強いよろいがあるのだから、弱いよろいで我慢して貯金したお金で強いよろいを買うのだそうです。

「てつのよろい」は弱いよろいと強いよろいの真ん中だから買うのがもったいないとのこと。

う〜ん…私だったら「てつのよろい」買ってしまうかもしれません。

 

私は色んな節約や貯金の本を読んでますが、この本にはまだまだ知らないことがたくさん書いてあって、あっという間に読んでしまいました。

ちょっと難しいですが、ものを買うときにトータルコストを考えて買うのはとても重要なことですね。

 

目標額が貯まったら使い切る、というのも私には足りなかったことでした。

貯金、頑張るぞ!!

 

家計簿が続かない人の貯金革命

家計簿が続かない人の貯金革命

 

 

Twitterやってます(更新情報・日常呟き・創作活動)→菜子(china_nako)

よろしければフォローお願いします(^^)