読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と紅茶を一杯

読書記録と紅茶、ときどき雑記

本当に面倒なことは何か?「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」

読書記録

今週も、あっという間に終わりました。

最近ふと学生の頃に聴いていたアーティストが聴きたくなる瞬間があります。

今度TSUTAYAで借りてこようかな…。

 

今日は本田直之さんの「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」です。

本田直之さんの本は、こちらではまだ紹介していませんが、読むのは2冊目。

前に読んだ本が面白かったのでこちらも気になって借りてみました。

この本は一言で言ってしまうと、面倒なことを増やさないためにいろいろやっておこうという本です。

 

例えばそれは何かというと、「面倒くさいから定位置を決める」ということ。

探し物のために時間を使うのは面倒という考えの元、モノの定位置管理をし、整理整頓をしておきます。

わかっていてもなかなか難しいんですけどね。

でも出来たら楽に暮らせるのだろうなと思います。

 

他にも「面倒くさいからむずかしく考えない」

無駄な時間と労力を払い続けないために、物事をシンプルに考えます。

私は難しく考えてしまうことが多いので、この考えはとても勉強になりました。

ポイントは、「その考えを、他者にわかりやすく説明できるか」です。

私はこうやって文章に書くのは好きですが、喋るのは苦手なので(あと説明も苦手)いかに他人にわかりやすく話すかが今後の課題だなと思いました。

 

こんな風に、この本には「面倒くさいから○○しよう」と55の法則が書いてあります。

本田さんはまぁやりすぎかな?と思うこともありますが、確かにやっておけば面倒なことは減るかも?という感じです。

法則の1つにある、「お店の予約を事前にする」というのも私は普段やってることですが大切なことなのだなと実感しました。

お店予約しないと、あとで面倒なことになる場合もありますもんね…。

 

読み終わった後は「どれかやってみようかな?」と思える本です。

読みやすいので少しの時間があれば読めちゃいます。

もし興味があれば読んでみてくださいね。

 

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

 

 

Twitterやってます(更新情報・日常呟き・創作活動)→菜子(@china_nako)

よろしければフォローお願いします(^^)