本と紅茶を一杯

読書記録と紅茶、ときどき雑記

本を読む習慣を持つということ

昨日は久々に仕事に出て、だいぶクタクタになってました。

でも会社の人たちが皆優しく迎えてくれて、凄く嬉しかったです。

復帰祝いに、紅茶で割ろうと「かのか」のカシスリキュールを買ってきました。

f:id:nakonako75:20160927161509j:image

 

今日はちょっと考えたことでも少し書こうと思います。

良かったら一緒に考えてくださると幸いです。

 

本を読みたいと思っているけどなかなか読めない、という人がいました。

実はこういう人に会うのは何回目かわかりません(笑)

私が本を読んでいる印象が強くて、そういう話ばかりするから、その相手も読みたいなって興味を持ってくれてるのかな?と考えてます。

実際はわかりませんが、もしそうだったらちょっと嬉しい。

 

で、本題なのですが、なかなか読めないという人は、「本当に本が苦手なのか」「読みたいけど読む時間がないのか」「気分が上手く乗らないか」の3種類になるのかな〜と思います。

どれも全員会ったことありますが、もはや本が苦手な人は無理して読む必要はないかなと感じます。

合わない人は合わないですからね。

 

読む時間がない・気分が乗らないパターンの人は寝る前に5分だけ本を読んでみる、もしくは開いたページの1行だけ読んでみるとかですかね?

そこからさらに読んでみたいなと思ったら読んでみる。

 

私も気分が乗らないときはもちろんあって、そういうときは何にもしないでボーッとしてるか、考えなくて済む音楽ゲームやカードゲームをして過ごします。

あとは短編とか内容が軽い、簡単な本を読んでエンジンをかけるとかいいかもしれませんね。

最近読んでませんが、児童文学とかも意外と楽しいですよ。

 

興味を持って、本を読みたいという気持ちはとても嬉しいです。

でもどうアドバイスしたらいいかな〜とたまに悩みます。

どうか1人でも本を読むキッカケが作れればいいなと思うこの頃です。

 

 

 

Twitterやってます(更新情報・日常呟き・創作活動)→菜子(@china_nako)

よろしければフォローお願いします(^^)