本と紅茶を一杯

人・本・紅茶を愛す。自分も大切に。

必要なのは想像力「考え方のコツ」

気付けばもう前回の更新から約10日も経ってしまいました(/ _ ; )

実家に帰っていたのでゴタゴタとしていて、更新したいと思いつつ時間がどんどん過ぎてました。

これからまた少しずつ更新していこうと思います。

 

さてそんな今日ですが、松浦弥太郎さんの「考え方のコツ」です。

f:id:nakonako75:20170819203647j:image

この松浦さんという方は、暮しの手帖の前編集長にして、現在はクックパッドで働いている文筆家です。

私は失礼ながら松浦さんという存在を知らなかったのですが、「暮しの手帖の前編集長が書いた本とはどんなものかな?」という興味で借りてみました。

 

内容としてはなかなか深くて良かったです。

一貫して主張していたのは「想像力を働かせること」

例えば、成功イメージのシミュレーションは大切だけど、同時に最悪の失敗シミュレーションもやっておくのが大事。

他にも、知っていることの中から答えを見つけるのではなく、想像力を働かせて知らないことの中から答えを見つけ出しましょうね、ということが書いてあります。

これ、サラッと書いてありましたけど、かなりハードル高いですよね。

 

そんな想像力がない私のために、松浦さんは想像力を養う訓練をいくつか書いていらっしゃいます。

持っておきたい習慣として、観察すること、良き生活習慣を挙げています。

これも難しいですね〜、本当に意識していかないと。

でも想像力があったら、いろんなことが楽に進められそうですね。

 

良き生活習慣といえば現在私は朝活女子サロンに参加していますが、ここ1週間は朝が起きれなくて上手く参加出来ていません(>_<)

良き生活習慣を作りたいです…。

ちなみに朝活女子サロンについてはこちら。

 

松浦さんのこちらの本、とても面白かったので、他の本も読んでみようかなと思います。

近所の図書館にあることを願います。

 

最近、小説を読むのが少ないですが、一応いま1冊読んでいます。

明日読み終わるかな〜と思いますので、また読み終わったら感想書きますね!

今年の夏が終わるまでに「屍鬼」もまた読みたいので、それも少しずつ読めればなと思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました。