本と紅茶を一杯

人・本・紅茶を愛す。自分も大切に。

ルピシアだより9月号「お茶と禅」

台風が近づいていますね。

こちらは現在曇りですが、もう少ししたら雨が降り出す予報です。

台風が過ぎたらきっともっと涼しくなるんだろうなぁ。

 

さてちょっと遅くなりましたが、今日はルピシアだより9月号のお話です。

f:id:nakonako75:20170916074142j:image

今月の特集は「お茶と禅」

表紙も落ち着いた雰囲気でいいですね(^^)

 

今回は、京都の建仁寺高台寺、それから東京の龍雲寺を訪ね、禅を通じてのお茶を考える特集。

日本に禅と茶を広めた栄西(ようさい)の話やお茶と坐禅の共通点などが書かれています。

 

興味深いのは龍雲寺住職の細川晋輔さんのインタビューがあるところ。

細川さんは、

坐禅もお茶も、人生の句読点だと思う。」

と仰っています。

「句読点だけでは意味をなさないけれど、効果的に使うと文章が締まって格段に読みやすくなる」と。

 

なるほどな〜と思いました。

人生の句読点、そう考えるとやはりお茶で一息する時間はとても大切なのかもしれません。

 

最近、私は朝の時間を使って、紅茶・チャイ・ハーブティーを気分に合わせて楽しんでいます。

そうやって一息つくことで生活の「、」や「。」の役割をしてくれるお茶。

これからも意識して時間を作っていこうと思います。

 

続いて、秋のお茶のご案内が書いてあります。

本物の紅葉をブレンドした「紅葉狩り

金木犀が甘く香る「月に咲く」

ドライマロンを加えた緑茶「栗」

など、気になるものが続々…!

今年の私は「栗」が気になります。

 

そしてそして、現在ルピシアでは秋の日本茶まつり開催中!

9月21日(木)までの限定ですが、日本茶が3個2,700円が2,000円に。

日本茶は値段に対して結構入っているので(ティーバッグ25個で900円)、これは買いたいですね〜。

 

とりあえず私のいま住んでいる県にルピシアはないので、またどこか遠くへお出掛けしたときに買おうと思います。

秋の日本茶まつりに間に合うかはわかりませんが…(´;ω;`)

 

来月の特集も楽しみです!

あ〜ルピシア行きたい!!

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!