本と紅茶を一杯

朝活しながら、本と紅茶の楽しさを伝えるブログ

ゆるゆると、第1回読書会「スピカ」開催!

こんばんは、菜子です。

台風が異例の動きをしましたが、大丈夫だったでしょうか。

私の住んでいる千葉は土曜の夕方に土砂降りでした。

 

そんなこんなで大丈夫かと思われた第1回読書会「スピカ」

なんとか天気も回復し、7/29(日)都内のカフェにて開催する運びとなりました。

今日はその読書会でどのようなお話が出たかを中心に書いていきますね。

 

4人の女性の方に参加して頂き、簡単な紅茶講座→課題図書「西の魔女が死んだ」について→時間を忘れて読んだ本の紹介を約2時間かけて行いました。

いろんなお話が飛び出しましたよ。

 

紅茶講座は割愛するとして、まずは課題図書であった「西の魔女が死んだ」について。

皆さん読書会は初めてということで緊張なさってましたが、私が感想を少し言うとそこから発展…!

例えば同じ本を読んでも、主人公「まい」のような気持ちになったことがなく感情移入出来なかったという方、逆に凄く感情移入してしまった方。

「まい」ではなく、お母さんやおばあちゃんの視点で読んでいた、という方もいらっしゃいました。

このように色んな視点で本の感想が聞けるところが読書会の魅力だな、と思います。

 

子どもを持つ方が思ったのは「もし子どもが、まいのような状態(不登校)になってしまったとき、自分はどのように声をかけるだろう」ということでした。

私が「どう声をかけますか?」と聞くと、その方は「友達はいたらいいけど、それよりも好きなことに熱中したらいいよ」と答えました。

小学校や中学校のときの女子ってなんだか妙な派閥がありますよね。

そんな派閥争いに巻き込まれずに自分の好きなことをしたら良い、とはなかなか当時は難しいことですね…。

でもそこであえてそんな言葉をかける、優しいお母さんの決意を感じました。

 

また、作中のおばあちゃんがすすめる魔女の修行。

この修行が「決めたことをきちんとやる」「規則正しい生活をする」

この2つは大人になった今でも通ずるのではないか、というお話も出ました。

簡単なようで難しいこの2つ。

大人になって朝活を始めた私も大切なことだなと思います。

 

読書会をして、また本を読むと新たな発見があったりしてとても面白いです。

私もまた読み直そうと思いました。

 

西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集

西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集

 

 

文庫も素敵ですが、こちらの表紙もいいですね。

最後に、参加者の方の時間を忘れて読んだ1冊を抜粋して少しだけ紹介しますね。

 

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

ジョジョ来ましたね〜。

第6部は未読なのですがとっても気になりました。

 

 

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

 

 

中国の歴史ということで、こちらも気になりました。

読んでみたいです。

 

長くなりましたが、このような感じで読書会「スピカ」は無事終了しました。

次回は秋(9月か10月頃)の開催を目指しています。

また決まりましたらブログ等でお知らせしますね。

次回のブログでは、今回のスピカに参加してくださった方の声を紹介します。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!