本と紅茶を一杯

朝活しながら、本と紅茶の楽しさを伝えるブログ

第2回読書会「スピカ」開催レポート!

こんばんは、菜子です。

昨日はちょっとバタバタしてしまい、いつもの更新が出来ませんでした…。

気を取り直して今日の更新です。

 

先日11/4(日)都内にて第2回読書会「スピカ」を行いました。

少人数開催なので参加人数は私を入れて5名。

女性限定の読書会で、カフェでスイーツを頂きながらのお話しました。

 

課題図書はこちら。

 

天国はまだ遠く (新潮文庫)

天国はまだ遠く (新潮文庫)

 

 

瀬尾まいこさんの「天国はまだ遠く」

読みやすさと季節感で選びました。

 

私の簡単な感想はツイッターに書きました。

 

今回も色んな感想が聞けて面白かったです。

「この主人公とは友達になれないと思った」という方や「ファンタジーのように感じた」という方。

この「天国はまだ遠く」をこの読書会をキッカケに初めて読んだという方もいらっしゃいました。

 

内容に関しては「主人公、千鶴の切り替えが早すぎる」「田村さんの昔が気になる」という意見があり、それにはなんとなく私も納得しながら聞いてました。

その中で「いざというとき逃げ場所があるのはいいなぁ」という話になり、その意見を聞いたとき、私は今の社会で逃げ場所がないのはとても辛いことではないか、感じました。

切羽詰まったときに行ける逃げ場所って大切ですよね。

「田村さんにもらったマッチ箱は家に飾るのかな?」という意見が出たときは、なるほどそういうこともあるなと感心しました。

 

最後に皆さんの時間を忘れて読んだ本を紹介して頂きました(光の加減で若干見辛くてすみません…)

f:id:nakonako75:20181106192157j:image

せっかくなので本と作者、紹介した方の名前を時計回りに載せておきますね。

 

「図書室で暮らしたい」辻村深月(菜子)

「八日目の蝉」角田光代(ya_masanさん)

「あんじゅう」宮部みゆき(ヨリさん)

「レンゲ荘」群ようこ(ゆきのさん)

「ブラザー・サン シスター・ムーン」恩田陸(Akikoさん)

 

「全員、女性作家!」の声を聞いたときはなんだかニヤッとしてしまいました。

別に狙ったわけではないのですが(笑)

 

どの作品の紹介も気になり、また新たに読んでみたい本が増えました。

唯一知っている作品の「八日目の蝉」は映画で観たことがあるのですが、まさかドラマもやっていたとは…!

まだまだ知らないことばかりです。

 

そんな感じで第2回読書会「スピカ」は終了しました。

次回は年が明けて2月か3月頃に開催するのを目標にしています。

課題図書や場所についてはまだ考え中です。

次回は本の交換会もやってみたいなと考えています。

決定しましたらブログやツイッターでお知らせしますので気になる方はチェックしてくださいね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございました!