本と紅茶を一杯

朝活しながら、本と紅茶の楽しさを伝えるブログ

本と紅茶を語る会

こんばんは、菜子です。

やろうと思いつつも、ブログの更新がすっかり遅くなってしまいました…。

いろんなことがあったのですが、1つ1つ更新していきますね。

 

まずはこちらの話。

今月20日(土)13時より、読書屋さんのにゃんちーさんをゲストとしてお迎えして、初のコラボ企画を行いました。

気になる本の紹介やくじ引きで話すお題を決めるブックトーク、最後はにゃんちーさんの選書もあり、盛りだくさんの内容でした。

紅茶を飲みながら楽しく2時間、割とあっという間に終わりました。

 

用意した紅茶はルピシアネプチューン

蜂蜜漬けしたフルーツの紅茶です。

アイスティーにいいかなと思い、今回はこの紅茶にしました。

 


f:id:nakonako75:20190725184124j:image

 

こちらの写真は気になる本の紹介のときに出た本たちです。

私のものは左下の原田マハさんの「生きるぼくら」

 

生きるぼくら (徳間文庫)

生きるぼくら (徳間文庫)

 

 

いま原田マハさんブームが自分の中で起きているのでつい持ってきてしまいました(笑)

 

この中では特に「バレエシューズ」が注目されていました。

私も、児童書なのにちょっと厚みがあるところや、紹介してくださった方の熱意が伝わってきてこの本は凄く気になりました。

最近読んでなかった児童書が気になってきたり。

 

そしてブックトークですが、ブックトークの内容としては「思い出の本は?」や「好きな作家の思いの丈を語る」「ジャケ買いしたことある?」といったものまで全7種類。

始めは1人1人引いてもらっていたのですが、そのうち全員で話していました。

もう少し多くても良かったなというのはここだけで言える反省点です。

 

課題図書だとその本について深く掘れるので面白いですが、ブックトークもこれはこれで面白いです。

なんだか色んな本の話も出て、参加者の方からは「記憶力が試されるものですね」という感想をいただいたり。

 

次回は9月に本の交換会を開催する予定です。

前回と同じではつまらない…と新しい企画を考え中です。

募集は8月中旬に開始します。

 

正直な話、ちょっと参加費の値上げも考えています。

理由はいろいろあるのですが、ここで書くと長くなってしまうので割愛。

 

読書会や本の交換会など、これからも企画していくので、もし気になる方はツイッターやこちらのブログをチェックしてくださいね。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!